本文へスキップ

茨木市の不動産情報 一戸建て・土地のご相談は株式会社さくらハウジングへ

電話でのお問い合わせは072-626-0003

〒626-0023 大阪府茨木市西河原2丁目10番20号

不動産購入Q&Adetail

一戸建て、マンション、土地など、不動産はとても大きな買い物です。
購入には不安がつきもの。
そこで、お客様からよくされる質問と回答を、Q&A形式でご紹介しています。
参考になさってください。

〜まずは、基本的なことから〜


Q、建築条件付土地とはなんですか?

Q、建ぺい率、容積率について知りたい。

Q、間取図の記号の意味は?

Q、セットバックとは何ですか?

Q、1坪ってどのくらいの大きさですか?

Q、駅などの徒歩時間はどのように決めていますか? 基準はありますか?建築条件付き土地とはなんですか?



〜「いざ物件を探す」編〜


☆物件について

Q、中古物件件の見学に行くときには、どんなことに気をつければいいですか?

Q、好きなハウスメーカーで建てたいんですが、「建築条件付き宅地」の『建築条件』って、はずすことは できませんか?

Q、実際に家を見たいときは、週末しかだめでしょうか?

Q、素敵な家、購入したい物件が見つかったら?

Q、購入はまだ先の予定だけど、早めに色々勉強したい。

☆不動産業者について

Q、どこの不動産会社に依頼したらいいのかわからない。

Q,家探しをするのに複数の不動産会社に依頼した方がいい?(しても大丈夫?)

Q,チラシに掲載されている物件は、その業者からしか買えないの?

Q,メールなどで手軽に新着物件情報をもらえないの?


〜「物件を買う」編〜


☆資金、住宅ローン、手続きについて

Q、住宅ローンを組む場合は、自分たちで金融機関に相談に行くんですか?

Q、住宅ローンを組むときには保証人は必要ですか?

Q、自己資金が少ないんですが、頭金はどのくらい必要ですか?

Q、住宅ローンが残っているのですが、買い替えできますか?

Q、転職したり、自営業者でもローンは組めますか?

Q、ローンの審査って、どういうことを審査されるんですか?

☆その他

Q、諸費
用とはどんな費用でどのくらい必要ですか?
Q、自宅を売却して、その資金で次の物件を購入したいんですが、売りと買いのタイミングってどうす ればいいの?

Q、リフォーム済み物件や、フルリノベーション物件ってどうですか?

「建築条件付土地」とはなんですか?


建築条件付土地」指定された施工会社(ハウスメーカー、工務店)によって建物を建てることを条件として売買される土地のことです。
建築する業者を変更したり、土地だけでの売買ができない土地になります。

建ぺい率、容積率について知りたい。


建ぺい率は、敷地面積に対する建築面積の割合で、容積率は敷地面積に対する床面積の割合をいいます。
例えば、「建ぺい率50%容積率100%」の場合、敷地面積の半分の面積まで建築する事ができ、建物の床面積(1階2階合わせて)は敷地の面積と同じ面積までということになります。

間取図の記号の意味は?


L→リビング、D→ダイニング、K→キッチン、S→サービスルーム、P.S→サービスルームUB、→ユニットバス、MB→メーターボックスです。

セットバックとは何ですか?


建物を建築するには、敷地が建築基準法上の道路に2m以上接している必要があります。
この敷地が接している道路の幅員が4m未満のときには、原則として道路の中心線から2mの線まで敷地を後退させることが必要となります。
これをセットバックといい、セットバックした線が道路と敷地の境界線となります。
従って、セットバックした部分は道路とみなされることになります。

1坪ってどのくらいの大きさですか?


1坪というのはおよそ3.3uに相当します。畳2枚分の大きさが1坪です。
簡単に計算するには、uの数に0.3025を掛けると坪数になります。
例)100u×0.3025=30.25坪

駅などの徒歩時間はどのように決めていますか? 基準はありますか?


一般的に、道路距離80メートルを1分として換算しています。

中古物件の見学に行くときには、どんなことに気をつければいいですか?


中古物件の場合は、空き家の場合もありますが、居住中のことが多いです。売主さんがいらっしゃる場合には以下のことに注意しつつ、見学してくださいね。 

売主様の前で物件を悪く言わない(購入するとなった場合、断られる可能性があります)

売主様に直接価格の交渉をしない。

・ せっかくの機会なので、近隣のこと、自治会のこと、気になることがあれば、直接聞かれたらいいと思います。現在お住まいの方の情報はとても貴重ですよ。

具体的にチェックしておいた方がいいポイント

・ 住宅設備の状況(風呂、トイレ、キッチンが使いやすいか、リフォームが必要かなど)

・ 建具の開閉の具合

・ 日当たり、風通し、騒音、震動など。できれば、時間を変えたり、天候の違う日にも行かれることをおすすめします。

・ 隣地との境界のチェック(一戸建ての場合)

・ 雨の日の水はけ具合(一戸建ての場合)

以上の点を参考にして、見学してみてください。

好きなハウスメーカー、工務店で建てたいんですが、建築条件付き宅地の「建築条件」って外れませんか? 


一概には言えませんが、時期とタイミング、価格の上乗せの問題になるかと思います。
条件を外すと、相場よりはどうしても土地の価格は高くなります。
ですが、当社では、それでも希望通りのお家を建てられたお客様がいらっしゃいます。
よろしければご相談ください。

実際に家を見たいときには週末しかダメでしょうか?


そんなことはないですよ。平日でも大丈夫な場合もあります。
空き家の場合は、平日でもほぼ大丈夫ですし、居住中の物件でも、売主さまと都合が合えば、平日でも内覧可能な場合があります。
また、新築の場合は、平日の方が週末より内覧されている方が少ないので、ゆっくりご覧いただけますよ。

素敵な家、購入したい物件が見つかったら、まず何をすればいい?


自分に合う不動産会社の担当者に、連絡をして下さい。
出来るだけ早目がいいと思います。不動産は一点ものですし、正直なところ、早い者勝ちです。
実際、タッチの差で購入できないこともあります。
同じものは二つとないですし、また、条件が近い物件も、いつ出るかわかりません。
希望の物件を何年も待っている、という方もいらっしゃいます。
後悔が残らないように、行動なさってくださいね。

購入はまだ先の予定だけど、早めに色々勉強したいんですが。


もちろん大丈夫です。一緒に勉強しましょう。
できれば3ヵ月以上は事前に勉強して、相場感を養いましょう。
とりあえずは、物件の資料を色々見てみてください。今は、インターネットでたくさん見ることができます。場所によって、土地単価は全然違います。
(当社では、成約した事例も公開していますので、参考にしてみてください)
間取り図面や、写真もたくさん見て、「自分の欲しい家」をイメージしてください。
当社で協力できる事がございましたら、何なりとご相談ください。

不動産会社がたくさんあって、どこの不動産業者に依頼したらいいかわからない。


不動産業者は山ほどあります。
誰でも知っている超大手から、家族でやっているような小規模なところまで、さまざまです。どこに依頼すればいいのか迷いますよね。
ですが、どの会社にも、得意分野や個性があります。
マンションが得意な会社や、一戸建てに強い会社、このエリアなら強い、などの特徴があります。
そこを見極め、参考にしてください。
あとは、担当者と相性が合うかも大切なポイントですね。

家探しをするのに、複数の不動産会社に依頼した方がいい?(しても大丈夫?)


もちろん、複数の不動産会社に依頼しても大丈夫です。
ですが、実際のところ、複数の不動産業者に頼んでも、情報は同じような物件ばかりです。
なぜかと言うと、ほとんどの不動産業者は、不動産業者専用のデータベース(レインズと言います)を利用して情報を得ているからです。
複数の業者に依頼をしていれば、たくさん情報が来るというわけでもないのです。
むしろ、わずらわしいこともあるかもしれません。

もし、信頼のできる業者(担当者)がいれば、複数の業者に依頼しなくても、希望の物件が出れば連絡をくれると思います。

チラシに掲載されている物件はその業者からしか買えないの?


多くの人が、チラシに掲載されている物件は、チラシを配布している不動産業者からしか買えないと思っているようですが、そんなことはありません。
確かに、中にはその業者を通してしか購入できないという物件もあります。
しかし、チラシに掲載されている物件の9割以上は、他の不動産業者を通しても購入できます。
もし気になる物件があれば、お調べしますので、お問い合わせください。

メールなどで手軽に新着物件情報が欲しいです。


もちろん大丈夫ですよ。お知らせいたします。
まずは希望の条件を、当社ホームページにてご登録ください。(希望条件登録はこちら
ご希望に合った物件を、メール、LINE、facebookなどお好みの方法でご連絡いたします。

住宅ローンを組む場合は、自分達で金融機関に相談に行くんでしょうか?


民間金融機関であれば、不動産仲介業者が全てお客様に代わって代行いたします。
ですが、お客様のお勤め先の社内融資や、インターネット銀行などですと、ほとんどがご自身でしか出来ないため、お客様ご自身で手続きをしていただくことになります。
(それぞれメリット、デメリットがあります)

住宅ローンを組む時には保証人は必要ですか?


住宅ローンを組む時に、保証人は必要でありません。
各金融機関がグループ会社の保証会社を使い、保証料をお客様から頂戴し、保証します。
注意は、金利についてです。住宅ローンは、金融機関によって金利が違います。
少しでもお安くお得に返済をしていくためには、どこの金融機関でローンを組む方が良いのか?
じっくり検討した方が良いでしょう。

自己資金が少ないんですが、頭金はどのくらい必要ですか?


資金(頭金)は多いにこしたことはありませんが、少ないから購入は無理、ということもありません。
最近では物件価格の100%融資などもありますし、場合いによっては諸費用ローンや、リフォームローンも可能です。
ただ、資金(頭金)がたくさんあると、金利の面で優遇されるなどのメリットもあります。
お勤め先や年収などによっても変わってきますので、詳しくはご相談ください。

住宅ローンが残っているのですが、買い替え出来ますか?


ローンが残っていても、買い替えはできます。
銀行の『住み替えローン』というものもございます。
ローンの残債、お住まいの査定額、などでも変わってきますので、詳しくはご相談ください。

転職したり、自営業者でも住宅ローンは組めますか?


転職したばかりの方でも、自営業者の方でも、住宅ローンは組む事は可能です。
最近は勤務年数1年でも、ローンを組める金融機関があります。
ただし、金融機関の審査が厳しかったりなどがあります。
早めの行動をして金融機関に相談される事をお勧めします。
詳しくはご相談ください。

ローンの審査って、どういうことを審査されるんですか?


住宅ローンの審査基準は各金融機関によって異なります。
一般的には、ローンを借りる人の人物審査と、担保とする物件の審査があります。
人物審査は、勤務先の雇用形態や、勤続年数、収入、健康状態など。
物件の審査は、建築基準法に適合しているのかどうかの審査になります。
(もし違反建築で建っている場合等は、融資が難しくなったりします)

諸費用とはどんな費用になりますか?


物件の購入以外にかかる費用のことで、銀行へ支払う手数料、名義変更の為の登記費用、火災保険、仲介手数料などです。
目安としてですが、物件価格の7%〜10%ぐらいになるかと思いますが、購入する不動産により多少の違いがありますので、詳しくはご相談ください。

自宅を売却して、その資金で次の住まいを購入したいんですが、売りと買いのタイミングってどうしたらいいの?


買い替えには3つの方法があります。

(1)売却と購入を同時に行う方法
(2)買換え先を見つけてから、売却する方法
(3)売却を先に行い、売却出来たら次に、買換え先を見つける方法

それぞれに、メリット、デメリットがあります。

早く売りたいのか、高く売りたいのか。
購入したい物件が決まっているのか、いないのか。
状況によっても変わってきますので、希望のケースに応じて計画を立てられたらいいと思います。
詳しくはご相談下さい。

リフォーム済み物件や、フルリノベーション物件ってどうですか?


近年のリフォームは「リノーベ―ション」などと呼び、とってもおしゃれです。
中古物件も、新築のように生まれ変わります。
ただ、工事が終わってしまうと、原型が変わり、奇麗な所しかわかりません。
なので、いつリフォーム工事をしたのか? 誰が工事したのか? 何のための工事なのか? まず、これらをよく確認してくださいね。